相続税・事業承継のお客様

資産税Q&A

回答集

相続税を計算する時、土地や建物はどのようにして評価するのでしょうか?

1.土地の評価方法
土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。路線価が定められている地域は路線価で評価し、それ以外のところは倍率方式で評価することになります。

【路線価方式】
路線価方式は、道路ごとに1平方メートル当たりの路線価が千円単位で定められており、それに土地の面積を掛けると評価額を出すことができます。
この場合、土地の位置や形状などに応じて評価額を調整することになっています。


路線価を基とした評価額の計算例

【倍率方式】
倍率方式は、各市町村などが定めている固定資産税の評価額に、一定の倍率を掛けて評価額を出す方法です。
路線価及び倍率は、地価の動向に基づき各国税局で毎年見直しをして、路線価図及び評価倍率表により公開されています。毎年8月初旬に発表されます。国税庁のHPで調べることもできます。つまり、土地の評価額は毎年変わるのです。

2.家屋の評価方法
家屋は倍率方式を採っており、その倍率は1.0倍です。したがって、その評価額は固定資産税評価額と同じです。

3.その他
?賃貸されている土地や家屋については、権利関係に応じて評価額が調整されることになっています。貸地や貸家が建っている土地は自由に処分できないので評価が下がります。評価減の割合は、路線価図に記載されています。
?相続した宅地等が住宅や事業用として使われている場合には、限度面積までの部分についてその評価額の一定割合を減額する相続税の特例があります。

お気軽にお問い合わせ、お見積りご相談ください。 営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く) TEL 0120-936-552