相続税・事業承継のお客様

資産税Q&A

回答集

夫の死亡により、1億円の保険金が入りました。この保険金にも相続税がかかるのですか?

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。この死亡保険金の受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれません。)である場合、すべての相続人が受け取った保険金の合計額が次の算式によって計算した金額を超えるとき、その超える部分が相続税の課税対象になります。


 500万円×法定相続人の数=非課税限度額


配偶者と子供2人の場合(法定相続人は3人)500万円×3=1,500万円までは非課税です。それを超える部分は相続税の対象となります。

なお、被相続人の死亡退職金にも、上記と同額の非課税限度額が設けられています。


お気軽にお問い合わせ、お見積りご相談ください。 営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く) TEL 0120-936-552