相続税・事業承継のお客様

資産税Q&A

回答集

贈与税はどんな場合にかかるのですか?

贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。
会社など法人から財産をもらったときは贈与税はかかりませんが、所得税がかかることになっています。
また、次のような場合は、贈与を受けたとみなされて贈与税がかかることになっています。自分が保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合、あるいは債務の免除などにより利益を受けた場合などです。このような場合は、贈与する意思も贈与を受けた認識もない場合でも、贈与税の対象になるので、注意が必要です。
ただし、死亡した人が自分を被保険者として保険料を負担していた生命保険金を受け取った場合は、贈与税でなく相続税の対象となります。贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に該当する場合に「相続時精算課税」を選択することができます。

  • 1.暦年課税
    贈与税は一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。(この場合、贈与税の申告は不要です。)基礎控除は贈与を受けた人を基準にします。ですから、たとえば親が3人の子供に100万円づつ贈与しても贈与税はかかりませんが、一人の子供が父から100万円、母から100万円贈与を受けた場合は贈与税がかかります。
    また、110万円を超える財産をもらったときであっても、夫婦の間での居住用不動産等の贈与を受け配偶者控除(Q8参照)を受ける場合には贈与税がかからないことがあります。


  • 2.相続時精算課税
    こちらの記事をご覧ください。


お気軽にお問い合わせ、お見積りご相談ください。 営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く) TEL 0120-936-552