相続税・事業承継のお客様

資産税Q&A

回答集

夫婦の間で自宅を贈与したら、贈与税がかからないと聞いたのですが。

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。

【特例を受けるための適用要件】

  1. 夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
  2. 配偶者から贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること又は居住用不動産を取得するための金銭であること
  3. 贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した国内の居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること

    配偶者控除は同じ配偶者の間では一生に一度しか適用を受けることができません。たとえば今年1,000万円、来年1,000万円ということはできません。また1度1,000万円贈与して、家の買い替えの際残りの1,000万円ということもできませんのでご注意ください。


【適用を受けるための手続】
必要書類をつけて贈与税の申告をすることが必要です。

お気軽にお問い合わせ、お見積りご相談ください。 営業時間 9:00~18:00(土日祝を除く) TEL 0120-936-552